廃車どっとこむ

廃車を運搬するための方法

車を廃車する時かかる費用の内訳

車を廃車にする際にはディーラーや販売店などに依頼しますが、かかる費用の内訳は大きく分けて、車の引き取りからの解体、自動車リサイクル料金、そして書類等にかかる費用があります。
しかしながら、廃車にして且つ、お金をもらうことができる可能性などもあり、どうせするなら賢く、安く、できることならお金になる行動にするべきです。
内訳の一つに車の引き取りがありますが、これはもちろん自分で解体業者にもっていくことができるのであれば、一切かかることはありません。
しかしレッカー車などを使ってもっていってもらう場合には1~2年程度必要になることが多いです。
また、自動車リサイクル法という法律が2005年に施行され、リサイクル料金の支払いが義務付けられるようになりました。
しかしこれは基本的に購入時に支払うようになっているためあまり気にする必要はありません。
また、廃車には書類手続きも必要ですが自分で行う場合は費用負担の軽減につながります。

廃車で帰ってくるお金の内訳

廃車で帰ってくるお金の内訳 クルマを廃車にした場合、お金が帰ってくる場合があります。
なぜ、廃車なのにお金が帰ってくることがあるのでしょうか。
その内訳をみているとわかるのですが、まず大きいのは車検が残っていた場合です。
車検では2年分の重量税と自賠責保険代を前払いしています。
買取の場合は次の所有者がそれを引き継ぐことになるので、前払いした重量税や自賠責保険代は還付されないのですが、廃車にした場合はこれが残りの分が月割りですべて戻ってきます。
自動車税も同様です。
二つ目は、その廃車にしたクルマの買取額です。
事故車や不動車のようにクルマとしては何の価値もないようなものでも、鉄としては価値があり、パーツ取りとしても価値があるのです。
そのためその部分に買取価格がつきます。
買取業者によって、買取額に幅があるので、中古車の買取のときと同様に、複数の業者から見積もりを取ってみることをおすすめします。
また、逆に手数料が請求されることも多いので注意しましょう。