廃車どっとこむ

廃車を運搬するための方法

廃車と関係の深い自動車リサイクル法

買い替えなどによって所有している車を使用しなくなった場合には、その車を廃車する必要があります。
廃車の手続きには一時的に使用を中止する『一時抹消登録』と、車体そのものを解体することによって永久的に使用不可能な状態にする『永久抹消登録(解体抹消)』の手続きが必要です。
永久抹消登録を行う際に必要な解体作業ですが、これには自動車リサイクル法が深い関わりを持ちます。
自動車リサイクル法では、自動車メーカーにシュレッダーダスト・エアバック類・フロン類の引き取り、そしてリサイクルが義務付けられています。
これらの処理費用自体は、リサイクル料金として車の所有者が負担(購入時に支払うことになります)しており、支払ったことを証明するリサイクル券が発行されます。
このリサイクル券が無ければ解体業者で解体を行っても、永久抹消登録に必要となる移動報告番号が発行されないのです。
移動報告番号が無ければ、永久抹消登録は不可能です(一時抹消登録は可能です)。
つまり、廃車と自動車リサイクル法は関係が深いと言えます。

廃車なので下取り価格0円と言われた時の対処方法

廃車なので下取り価格0円と言われた時の対処方法 車を廃車にするとき、自分でやると手間とコストがかかります。
しかし、買取をしてもらうと、価格がつくことがあります。
なぜなら、車の部品には貴重な金属が使われているので、部品に価値があるからです。
廃車なので下取り価格がゼロ円と言われたら、まずは1000円でも価値がつかないかどうか、交渉をしてみましょう。
廃車にする車でも、一括査定サイトなどを利用して買取をしてもらえば、1000円~1万円程度の価値がつく可能性は高いです。
他社の見積もりを見せると、交渉がしやすいです。
交渉に失敗して、価格がゼロ円となっても、下取りをしてもらったら手間と時間を節約できます。
一括査定サイトで業者を比較して、業者に見積もりをとってもらうという流れでは、それほど時間も手間もかかりませんが、見積もりをとってもらうときに1時間程度は時間をあける必要があるでしょう。
ゼロ円で下取りをしてもらうにしても、1000円~1万円程度で買取をしてもらっても、それほど大きな差はつきませんが、1000円のために1時間の時間をあけるというのは、忙しいサラリーマンにとってはかえって損と感じるかもしれません。
あまり差はないので、好きなほうを選ぶとよいでしょう。