廃車どっとこむ

廃車を運搬するための方法

廃車したことを示す証明

自動車を廃車したことを示す書類として、運輸支局等が発行する抹消登録証明書が存在します。
この抹消登録証明には、廃車を行った所有者及び使用者、自動車の登録番号いわゆるナンバープレートなどが記載されています。
この証明が必要な場合というのはそれほど多くはありませんが、たとえば自動車税や軽自動車税の身体障害者免除などを受けている場合において、その免除を受けていた自動車を買い替えた場合には、一部の例外を除いて前の自動車の抹消登録が必須です。
その証明として使用される場合がある程度です。
廃車つまり抹消登録はそもそも自動車の前後に付いているナンバープレートを外して、そのナンバープレートの返納などを行わなければなりません。
ナンバープレートを外せば公道の走行は出来ませんし、さらに所有者の印鑑登録書類などを揃えて運輸支局等で提出することで、抹消登録は行う事が出来るものです。
この一連の事が終われば、書類として発行申請を行えます。

相続した自動車を廃車にするには

相続した自動車を廃車にするには 亡くなった人から相続した自動車を廃車にする場合には、まずは車検証に記載されている名義を変更した上で、次に廃車の手続きを行うということになりますので、ややめんどうであるといえます。
この場合、まずは相続人同士で遺産分割協議を行って、該当の自動車の遺産分割を受ける人を決定し、その結果を遺産分割協議書という書類としてまとめます。
この書類には、遺産分割協議に参加した人全員の実印を押捺する必要があります。
このような書類を作成した上で運輸支局または自動車検査登録事務所におもむくわけですが、申請書のほかにも、この遺産分割協議書、印鑑登録証明書、亡くなった人との関係がわかる戸籍謄本、住民票などといった書類の添付が必要となります。
また、廃車に関しても、同様に申請書のほか、印鑑登録証明書や車検証、解体証明書などといった書類が必要となりますので、これらをひととおりそろえてから申請をすることになり、多少時間がかかります。